HOUSE

エースホームの家づくり

悩みや不安をしっかり解決した 「家づくり」建てた後も家族が笑顔で暮らせる、そんな家づくりを目指します
ママは忙しい日々の中で“守る”ものがたくさんあります。家計、家族の健康、子どもの未来を育む環境。
そして、地震や台風などの災害から家族を守ること。
快適さやデザイン、機能性はもちろんですが住まいでもっとも大切にしたいのは「安心」と「安全」です。
この「安心」「安全」こそが、エースホームの住まいづくりの土台。
ご家族を“守る”ことをエースホームでは住まいづくりの根底に据えています。

近年、頻発する地震や省エネ基準の強化などで、新築住宅にも高い基本性能が求められています。住宅の性能は、住んだ後の暮らしの満足度を高める大切なものさしです。 建てた後もお客様に笑顔でいていただくために、エースホームでは住宅の性能を規定する新コンセプト「Mi’Like」を策定し、住まいづくりの指針となる頑丈(耐久性)暖かい(断熱性)省エネ(経済性・環境性)美しい(デザイン)長持ち(耐久性)の5項目を設定しました。住まい手の「自分らしさ、楽しさ」にこれからの住宅が備えるべき基本性能である「快適性」「安心安全性」を加えた次世代住宅を提案します。 「Mi’Like(ミライク)」の頼れる基本性能で子供も健康で元気に育ちます!!

↓さらに詳しくは、画像をクリック↓

ZEH普及への 取り組みについて

ZEHとは、平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」の補助金に関して、経済産業省は、その要件としてZEHビルダー登録制度を実施する旨を発表しました。「ZEHビルダー」として申請・登録した会社が、設計・建築するZEH住宅のみを補助金対象とする内容です。
登録にあたっては全部で5つの要件が求められているので、すべてのハウスメーカー・工務店が登録できるわけではありません。
エースホームは、平成28年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において創設された「ZEHビルダー公募」の登録事業者です。
ZEHビルダーは、自社のZEH(Nearly ZEH、ZEH Orientedを含む)普及目標の公表が義務付けられており、それに基づき下記の通り2025年度までのZEH普及目標を公表します。

エースホームはZEHに対する取り組みに対して、2018~2020年と、経済産業省が定めるZEHビルダー★★★★★(五つ星)を取得しました!!ZEHビルダー/プランナーに登録されている数は全国 7,348件。その中、五つ星の評価を得たのは、たったの3.34%の246件(2020年7月29日発表時点)でした。
エースホームでは、今後もZEHビルダー★★★★★(五つ星)として、 お客様が安心して生活できる快適な住まいをご提供いたします。

エースホームの2025年(R7年) までのZEH普及目標と実績

※エースホーム加盟店が新築するすべての戸建住宅棟数(注文住宅及び建売住宅)においてZEH(Nearly ZEH、ZEH Oriented)が占める割合

PAGE TOP